社印はかっこいい

社印イメージ

自分の使っている印鑑は、他の人が持っているような印鑑と大して変わらないので、カッコイイというような印象を持ったことが無い、という人もいることでしょう。

たしかに、普通の三文判ですと丸くて、名字が入って…という形が一般的ですから、格好良さは感じませんよね。どちらかというと、シンプルで見やすい、実用性をかねたものだといえます。

では、どのような印鑑がカッコイイと感じるでしょうか。 みなさんが思う、カッコイイ印鑑を想像してみてください。

私の場合は、会社で使うようながっしりとした、力強い印象を受ける印鑑がカッコイイと思ってしまいます。

特に代表印は、丸いですが文字がぐるっと円にそって書かれていて、さらに書体も凝っていますから、かなりインパクトがあります。 普段あまり見る機会もありませんから、これらを見たときは、思わず見入ってしまうんですよね。

印鑑そのものの見た目がカッコいいものも最近は増えてきていますが他人の印鑑を見る機会はほとんど無いですからね。

どちらかといえば、他人が見るのは印だけになってしまうのです。ですから、かっこいい印鑑=カッコイイ印という考えになるわけですね。

実際に印鑑やさんでいろいろな実物を見てみれば、印鑑の外見的な印象も変わり、カッコイイと思うようになるかもしれません。

ですが、最近では印鑑やさんも減ってきていますから、いろいろな実物を一度に見ることが出来る場所は減ってきていることでしょう。

〔学校のいすの後ろに印鑑〕

検品マークの印鑑って子供の頃よくみていましたね。じつはあれにはわけがあったりします。

引用:
かつて小学校などの教室で使われるイスは、木製であることがほとんどでした。
自分が小さい頃、学校で使っていたイスの形を、今もよく覚えているという人も多いことでしょう。
それが最近では、プラスチック製などの、木以外の材質のものが増えてきているようです。
そう考えると、木のイスが残っている学校は少ないかもしれません。

リンク先:イスの後ろの印鑑の謎

ページの先頭へ